REPORT

組織の未来を変える研究を、世の中へ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 研究レポート
  4. 【第1回】ストレスチェックから年代別の従業員のストレスを考える

【第1回】ストレスチェックから年代別の従業員のストレスを考える

はじめに

2021年4月に施行された改正高年齢者雇用安定法により、65歳までの確保の義務化に加えて、70歳までの就業確保措置が努力義務となりました。
これからの企業では、10代から70代といった幅広い世代が同じ職場で働くことが当たり前になっていくでしょう。しかし、同じ職場で働いているといっても、年代ごとによって考えていること、思っていることはまったく異なります。今回から全3回で年代別の違いを、ストレスチェックを受検したおよそ20万人分データからひも解いていきます。
今回は、ストレスチェックで算出される全尺度を年代別に整理、比較していきます。

年代別でストレスチェックの結果は大きく異なる

国内で義務化されているストレスチェックは設問数が57項目のものと、80項目のものが主流です。
このうち57項目版では、心身のストレス反応をメインとする20尺度の状況を、
また80項目版では、満足度やワーク・エンゲイジメント(やる気)など22尺度が追加された計42尺度を算出します。
図1は、ストレスチェック57項目版で算出する20尺度の年代別平均値です。
数値は大きいほど、不良(好ましくない)の傾向を示しています。
(図1)
図1によると、「疲労感」や「不安感」など身体や心のストレス反応で年代別に明らかな差が見えます。「疲労感」、「不安感」ともに20代が最も不良であるのに対し、60代はどちらも良好です。
また図1からは、心と身体負担は年齢を重ねるごとに良好に変化していくような傾向が見て取れます。個人的な見解ではありますが、年齢を重ねるにつれ業務量が減少していくというよりも、社会人経験年数による業務や環境変化への慣れがその理由として考えられそうですね。

続いてストレスチェック80項目版で追加算出する22尺度を見ていきます。
(図2)

図2を見ると、ストレスチェック80項目版で追加算出する22尺度はワーク・エンゲイジメントをはじめ、働き方に関わるものが多く、57項目版で算出する20尺度の結果とは大きく異なっていることがわかります。
特に20代は「経済・地位報酬」「安定報酬」といった報酬や評価、「上司のリーダーシップ」「上司の公正な態度」といった上司との関係性が他の年代にくらべて良好のようです。
また、20代は、図1で算出した心身のストレス反応が不良な傾向を示したのに対し、所属先へは相対的に満足している傾向が見られます。これについても個人的な見解ですが、社会人経験が他の年代にくらべて少ないために、20代は所属先に対して期待していることが大きいのかもしれません。年齢を重ねるにつれて所属先の方針や考え方を知っていくことで期待感が徐々に落ち着いていくとも考えられます。
企業側のほうでも、若いうちからいかにして従業員のモチベーションを保ち、諦め感のないように働いてもらうかを考えることが重要ですね。

今回は、ストレスチェック結果のデータから年代別の概要を見ていきました。
次回は、60代のストレスチェック結果について詳しく解説します。

<調査概要>
ストレスチェック実施期間:2019年4月1日~2020年3月31日
調査対象:ドクタートラストのストレスチェックサービスを利用したうち199,290名

調査対象年代別内訳
・20代:31,521名
・30代:40,891名
・40代:53,009名
・50代:36,706名
・60代:12,352名

57項目版尺度
仕事の量的負担、仕事の質的負担、身体的負担度、仕事のコントロール度、技能の活用度、職場の対人関係、職場環境、仕事の適性度、働きがい、活気、イライラ感、疲労感、不安感、抑うつ感、身体愁訴、上司からのサポート、同僚からのサポート、家族や友人からのサポート、仕事の満足度、家庭の満足度

80項目版尺度
仕事の量的負担、仕事の質的負担、身体的負担度、仕事のコントロール度、技能の活用度、職場の対人関係、職場環境、仕事の適性度、働きがい、活気、イライラ感、疲労感、不安感、抑うつ感、身体愁訴、上司からのサポート、同僚からのサポート、家族や友人からのサポート、仕事の満足度、家庭の満足度、情緒的負担、役割葛藤、役割明確さ、成長の機会、経済・地位報酬、尊重報酬、安定報酬、上司のリーダーシップ、上司の公正な態度、ほめてもらえる職場、失敗を認める職場、経営層との信頼関係、変化への対応、個人の尊重性、公正な人事評価、多様な労働者への対応、キャリア形成、ワーク・セルフ・バランス (ネガティブ)、ワーク・セルフ・バランス (ポジティブ)、職場のハラスメント、職場の一体感(ソーシャル・キャピタル)、ワーク・エンゲイジメント

関連記事