REPORT

組織の未来を変える研究を、世の中へ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 【2021年度のストレスチェック全国データ分析 第1回】「TRUSTY SCORE」と各指標には関連があった?

【2021年度のストレスチェック全国データ分析 第1回】「TRUSTY SCORE」と各指標には関連があった?

ドクタートラストのストレスチェックサービスは2021年度、940組織、324,642人に受検いただきました。
2021年度からストレスチェックの集団分析では、組織の雰囲気に関わる設問を抜き出し、組織の信頼関係を可視化する「TRUSTY SCORE」(職場環境指数)を掲載しています。

そこで今回からシリーズで、「TRUSTY SCORE」とストレスチェックの各指標の分析結果をお届けしていきます。

<ストレスチェック各指標とは>
・ 高ストレス者率
・ 健康リスク
・ STELLA候補者率 ※ドクタートラスト独自指標

高ストレス者率

健康リスク

STELLA候補者率 ※ドクタートラスト独自指標

 

第1回目となる本稿では、「TRUSTY SCORE」の解説をします。

TRUSTY SCOREとは

職場環境の指標「TRUSTY SCORE」とは、①尊重・尊敬、②話しやすさ・自然体、③問題解決・挽回、④助け合い・挑戦の4領域から構成されており、各領域5問ずつで算出しています。
ストレスチェックでは設問ごとに1点~4点が付されることから、「TRUSTY SCORE」の4領域は5点~20点の幅で導き出されます。(点数は高いほうが良好です)


また、各領域の結果や全体感を把握しやすいように、全国データをもとにした偏差値を算出するとともに、総合評価を下記7パターンで表記しています。

「TRUSTY SCORE」総合評価の7パターン

「TRUSTY SCORE」の総合評価は、A、B、C+、C、C-、D、Eの7パターンで示します(C評価が頂点にて山なりになるよう、標準化を行っています)。

なお、過去に本サイトにもTRUSTY SCOREのコラムは複数掲載しています。
詳しくは過去のコラム記事をご覧ください。

過去のコラム記事~職場環境指数「TRUSTY SCORE」を解説~


ストレスチェックで職場の信頼関係がわかる!TRUSTY SCOREを使いこなそう

「TRUSTY SCORE」の総合評価の7パターンとストレスチェックの各指標には関係がある?

2021年度全国データから「TRUSTY SCORE」の総合評価の7パターンとストレスチェックの各指標(高ストレス者率、健康リスク、STELLA候補者率※ドクタートラスト独自基準)の結果にかなり強い結びつきがあることがわかりました。
次回からは「TRUSTY SCORE」と高ストレス者率の傾向について解説していきます。

DL

関連記事

問い合わせはこちら

ステラのお問い合わせ

ストレスチェック

ドクタートラストのストレスチェック