REPORT

組織の未来を変える研究を、世の中へ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. STELLA
  4. 無自覚のストレスこそ早期発見・解消が大事!ストレスチェックを活用しょう
無自覚のストレスこそ早期発見・解消が大事!ストレスチェックを活用しょう

無自覚のストレスこそ早期発見・解消が大事!ストレスチェックを活用しょう

日々生活していく中で、さまざまな変化に対応している私たちにとってストレスはつきもの。
「私は大丈夫!」と思っていても無意識にストレスを溜め込んでいるかもしれません。
今回は、「最近疲れが溜まってきているかも」、「いつもより身体がだるい」などの自身の小さな変化にいかに早く気づき対処していけばいいのかを具体的に解説していきます。

無自覚のストレスとはどんなもの?

一般的にストレスとは、外部からの圧力によって生じる緊張状態のことを言います。
圧力には、周りの環境や身体、人間関係などがありますが、受け取る本人にとって嫌なこと、つらいことだと強く連想されることによってストレス状態が変わり、身体や心にさまざまな反応が表れます。

また、すぐには反応が出ないが慢性的に継続することによってある日突然、大きなストレスと急変しかねないのが無自覚によるストレスです。
これらは、自分ではなかなか気づくことができないような出来事(生活リズムの乱れ、苦手な上司と一緒に仕事をする、満員電車など)から起こり得えると言えるでしょう。

無自覚のストレスを放置するとどうなる?

普段生活をしていて、原因不明の体調不良や苛立ちを感じることはありますか?
「ある」と答えた方は無自覚によるストレスが原因かもしれません。
適度なストレスは生活をしていく中である程度必要ですが、強いストレスを継続的に受けると、人はそのストレスに耐えることができず、心身ともに不調をきたしてしまうでしょう。
自律神経失調症やうつ病などのように自らで気づくことができる症状とは違い、無自覚ストレスの場合、自らでは気づくことができず、周囲の人が症状に気づくケースが多いです。
周囲の人々が気づき、発信してあげることで軽減できる場合もありますが、発信がなければ重篤な症状に陥る場合もあるので注意が必要です。

無自覚のストレスに気づく方法

日本人の大半は1日の3分の1の時間を仕事に費やしています。
メンタル不調の原因の多くが人間関係によるストレスであり、仕事上、上司や同僚、さまざまな顧客とのやり取りをする中で無意識のうちに対人関係に悩みを持つ人が多いのが現状です。
しかし、仕事が忙しく誰にも相談できない環境の場合、自身で気づかないうちに症状に表れ、悪化してしまうこともあります。
下記は、無自覚のうちにストレスが限界に達した際の症状の変化の一例を場面別にご紹介します。

(職場)
・勤怠が乱れる、無断欠勤が増える
・今まではできていたルーティン作業が出来なくなった、ミスが目立つ
・表情が乏しくなり、口数が減る

(家庭・プライベート)
・人との付き合いが億劫になり家に引きこもりがちになる
・服装や身だしなみがだらしなくなる
・小さな事でイライラや考え込むようになり人に当たるようになる

家族や職場の人にこのような症状が感じられるときは、本人が気づいていないうちに日々ストレスを溜め込んでいるかもしれません。
その場合、周囲の人々が一刻も早く気づきを促してあげることがストレス社会を生きる私たちには非常に重要な課題となるでしょう。

無自覚のストレスは「ストレスチェック」で発見できる!

無自覚ストレスを蓄積していかないためには、自身のストレス状態がどの程度なのか把握する必要があります。
そのために最も身近で簡単に行えるのがストレスチェックであり、年に一度のストレスチェック実施を有効活用することをおススメします。

ストレスチェックとは

ストレスチェックは、従業員が常時50人以上の従業員がいる事業場で実施が義務化されています。
労働者自身のストレスの気づきを促し、職場環境改善へ繋げることで労働者のメンタルヘルス不調を未然に防ぐことが目的とされています。
ストレスチェック実施後、ほとんどの人が結果を見るだけで終わっていませんか。
実施後に受検者本人だけでなく、企業での施策(相談窓口や面接など)や対策がきちんと理解・周知され実行していくことで本来のストレスチェックの意義があると言えるでしょう。

ストレスチェックで分かること

ストレスチェック結果で特に注目すべきポイントは、自分がどういった面にストレスを強く感じているかに、気づくことが大切です。
個人結果は、以下の内容から構成されています。

■仕事のストレス要因(目に見えないストレス)■
⼼理的な仕事の負担(量)
⼼理的な仕事の負担(質)
⾃覚的な⾝体的負担度
職場の対⼈関係でのストレス
職場環境によるストレス
仕事のコントロール度
あなたの技能の活⽤度
あなたが感じている仕事の適性度
働きがい

■心身の反応(身体や心に表れるストレス)■
活気
イライラ感
疲労感
不安感
抑うつ感
⾝体愁訴

■周囲のサポート(目に見えないストレス)■
上司からのサポート
同僚からのサポート
家族や友⼈からのサポート
仕事や⽣活の満⾜度

図(※点数はサンプルです)

ストレスチェック点数

図のように領域ごとに点数化することで自身のストレス度合を可視化し、把握することが出来るのがストレスチェックの利点だと考えられます。
また他にも、ストレスチェック判定図では、他の企業と会社全体、自分の部署を比較することが可能になり、どの分野ベースで職場環境改善を行うべきか、優先度の判断材料にもなるだろう。

まとめ

私たちの身近にはさまざまなストレス要因があり、自分では気づかないうちにストレスを溜め込んでしまう人が多くいます。
ストレスを溜め込まない一番のポイントは、自らのストレスに気づくことです。
そのためには、ストレスチェック実施を有効活用しましょう。
ストレス自覚しているのと無自覚なのとでは自身のストレスのコントロール度合が異なり、仕事やプライベートの満足度も変わってくるでしょう。
もしも気づくことが難しい場合は、周囲の人が気づきを促してあげましょう。
今一度ストレスチェック結果を見直してみませんか。

DL

 

関連記事

問い合わせはこちら

ステラのお問い合わせ

ストレスチェック

ドクタートラストのストレスチェック