REPORT

組織の未来を変える研究を、世の中へ。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. STELLA
  4. 【2021年度のストレスチェック全国データ分析 第5回】「TRUSTY SCORE」と各指標には関連があった?~TRUSTY SCOREとSTELLA候補者編~
【2021年度のストレスチェック全国データ分析 第5回】「TRUSTY SCORE」と各指標には関連があった?~TRUSTY SCOREとSTELLA候補者編~

【2021年度のストレスチェック全国データ分析 第5回】「TRUSTY SCORE」と各指標には関連があった?~TRUSTY SCOREとSTELLA候補者編~

ドクタートラストのストレスチェックサービスは2021年度、940組織、324,642人に受検いただきました。
2021年度からストレスチェックの集団分析では、組織の雰囲気に関わる設問を抜き出し、組織の信頼関係を可視化する「TRUSTY SCORE」(職場環境指数)を掲載しています。
本コラムでは、シリーズで「TRUSTY SCORE」とストレスチェックの各指標の分析結果をお届けしていきます。
第5回はTRUSTY SCOREとSTELLA候補者です。

第1回でも解説したように、職場環境の指標「TRUSTY SCORE」は、A、B、C+、C、C-、D、Eの7段階で総合評価を算出しています。

総合評価は、Aに近いほうが「信頼関係の高い組織」を意味します。

STELLA候補者とは

STELLA候補者とは、ドクタートラスト独自の基準となり、「周囲に良い影響を与えられる人」を指します。

ストレスチェックを実施すると、どうしてもストレス保有者の割合など、マイナス面に着眼してしまい、そちらを改善する施策に終始しがちです。
当然マイナス面を改善する施策は必要です。
しかし、「マイナス面の改善」のみに着目するのではなく、ストレスチェックで見いだされれた組織内のプラス面、すなわち組織内に存在する「周囲に良い影響を与えられえる人」の活用も重要です。

ドクタートラストでは、周囲に良い影響を与えられる人たちをSTELLAと定義しています。
STELLAを一人でも増やしていく施策も、職場環境の改善には必須でしょう。

TRUSTY SCOREの総合評価とSTELLA候補者の関連は?

ではTRUSTY SCOREの総合評価とSTELLA候補の割合がどのように関係しているのかをみていきましょう。

STELLA候補者は、上図のように、組織内に平均して12.4%存在します。
また、TRUSTY SCOREの総合評価が高くなるにつれて、STELLA候補者の割合も高くなっていき、具体的にはTRUSTY SCOREの総合評価Aの組織には、総合評価Eの組織の、実に3倍以上のSTELLA候補者がいることもわかります。

第3回で解説したストレス保有者編同様に、組織の中での信頼関係は非常に大切なものだということがわかります。

TRUSTY SCOREとSTELLA候補者の関係性からわかること

STELLA候補者が多い組織では、働きやすく、人間関係が良好な組織であるといえます。


そもそもSTELLA候補者は、周囲に良い影響を与えられる人達です。
その割合が多いということは、信頼関係も必然と増してくるでしょう。


次回はついに最終回の第6回です。
TRUSTY SCOREを上げる方法について解説します。

DL

関連記事

問い合わせはこちら

ステラのお問い合わせ

ストレスチェック

ドクタートラストのストレスチェック